体育の家庭教師フォルテHOME > 体育の家庭教師について > 指導内容

指導内容について

指導内容について

フォルテではお子様からご年配の方まで親切にご指導いたします

指導内容その1)苦手意識克服、目標達成

・足が速くなりたい
・なわとびを上手に跳びたい
・かっこよく泳げるようになりたい
・遠くまで、 かっこよく投げられるようになりたい
・前転・後転(体操)ができるようになりたい

スポーツ・体育ができないから本気でやりたくない、足が遅いから走りたくない、友達に見られると恥ずかしいなど、「スポーツ・体育」に対しての苦手意識を克服します。 子ども達の“コーディネーション能力”を向上させることによってコツを掴みやすくし、上手く体を動かすことができるようにします。 レッスンを始める前に、お子様と一緒に目標を設定し、目標達成に向けてレッスンを行っていきます。 努力の大切さを知り、「やればできる」という自信をつけることによって、子どもは大きく成長します。自信がつくと「チャレンジ精神」が身に付き、何事にも前向きに頑張れる子になります。

ページ上部へ

指導内容その2)競技力向上

・野球やサッカーのために走るスピードを上げたい(フィジカルトレーニング)
・大会で良い成績を出したい
・運動能力を向上させたい

専門種目のために「スピードを付けたい」「大会で良い結果を出したい」という方を、レベルにあわせて的確にサポートします。個々の選手に合った合理的なトレーニングを提供いたします。

ページ上部へ

指導内容その3)運動初心者・ダイエット

・運動を始めたいがやり方がわからない
・マラソンを走りたい
・ダイエットのために運動をはじめたい
・一緒に運動をしてくれるパートナーを探している

マラソンなどの運動を始めたい方、運動初心者を、レベルにあわせて的確にサポートいたします。事前に目標を伺い、個人メニューを作成し、コーチと一緒にトレーニングを行っていきます。

ページ上部へ

レッスン内容も、宿題も、完全オリジナルで作成します

オリジナルのレッスンメニュー作成!フォルテでは一人一人に合わせたレッスンメニューと宿題を作成しております。
例えば、同じ「かけっこレッスン」でも、A君とB君では強化するべき筋肉や弱点は異なりますから、レッスン内容も異なってくるというわけです。
なお、「宿題」は、日々ほんの少しの時間でできるようなものです。レッスンも宿題も、成長の様子を見ながらリアルタイムで作成していきます!

今注目されている「コーディネーション能力」とは。

コーディネーション能力について

コーディネーション能力とは「運動神経」のことを指します。コーディネーション能力は大別して7つの能力に分かれています。

1)定位…決められた場所や動いている相手、物を関連づけながら自分の動きを調節する
2)変換…突然状況が変わった際に、動作を素早く切り替える
3)リズム…耳や目から得たり、頭で想像したリズムを体で表現する
4)反応…合図を察知して正確な対応動作をする
5)バランス…体勢を保ち、また体勢が崩れた時に素早く戻す
6)連結…関節や筋肉の動きをタイミング良く無駄なく同調させる
7)識別…視覚情報と連携して手足や体の動きを調整し、道具を使う

これらの能力をまんべんなく無駄なく発達させるには、昔からの「遊び」も非常に有効です。

例えば、石ケリやお手玉では「識別能力」が、竹馬や木登りでは「バランス能力」が、鬼ごっこでは「定位・変換能力」が育成できます。遊びながら学ぶものはたくさんあります。

「スポーツ」と「遊び」に共通することは「体を動かす」ということです。「楽しく体を動かす」ことは大切なトレーニングなのです。

指導種目一覧

陸上競技(短距離・長距離など)/球技(サッカー、キャッチボール、ドッジボールなど)/幼児体操/逆上がり/水泳/なわとび/体力測定対策/ダイエット指導/自転車 このほか、各種スポーツレッスンを行います。まずはご相談ください。

ページ上部へ