体育の家庭教師フォルテHOME > 陸上クラブ

陸上クラブ

フォルテ陸上クラブとは

フォルテ陸上クラブは、陸上競技に対する高い意識を持つ会員に、更なる成長と活躍の場を提供したいという思いのもと、平成25年度4月に発足いたしました。
必ずしも、大会成績や記録向上のみを目的とせず、こども達の成長の過程こそが何よりも大切と考え、日々活動を行っています。

真剣に陸上競技に取り組む意思があれば、誰でも入部していただくことが可能です。
現時点での競技のレベルは一切問いません。将来に繋がる確かな自力を養い、成長してもらうためのサポートこそが、我々の役目だからです。
皆さんの参加をお待ちしています。

実績

2013年度
第29回全国小学生陸上競技交流大会
東京都代表選手選考会
男子小学5年100m 第1位
男子小学5年100m 第3位
男子小学5・6年4×100mR 第1位
女子小学5・6年ソフトボール投 第3位
2014年度
第77回東京陸上競技選手権大会 男子小学4×100mR 第1位
女子小学4×100mR 第3位
セイコーゴールデングランプリ陸上2014 男子小学100m 第2位
男子小学4×100mR 第2位
第30回全国小学生陸上競技交流大会
東京都代表選手選考会
男子小学5年100m 第1位
男子小学5・6年80mH 第1位
男子小学5・6年4×100mR 第2位
男子小学3・4年走幅跳 第2位

他、入賞者多数。第1位〜第3位のみ掲載しています。

代表者より

陸上クラブの選手・保護者へお伝えしたいこと

まずは、個々に目標を設定して、達成に向けて努力をすることが大切です。
目標を高く設定することで、時として悔しい思いをすることもあるでしょう。
しかし、目標に向かって努力し、成功と失敗を繰り返す中で得られる生きた学びは必ずこども達を大きく成長させてくれると信じています。

大会に出場する上で、順位はたしかに重要です。しかし、それは必ずしもこども達の努力の積み重ねを正確に映し出す鏡とはなり得ず、その日の体調や環境など様々な要素に左右された「一時の結果」でしかありません。
それよりも、努力をする「過程」にこそ人生を豊にする素晴らしい宝が沢山あること、そして良い結果を出すことよりも、努力をし続けることの方がずっと難しく、尊いということを、大人として彼らに伝えていきたいと思っています。

また、個人種目が主な陸上競技ですが、中にはリレーなどの団体種目もあり、仲間で力を合わせて頑張る団結力もまた重要です。
選手達には、仲間達と共に練習し切磋琢磨する中で「仲間を大切にする心」「助け合う心」を養ってほしいと思っています。

そして、陸上競技は、フィギュアスケートや水泳などのように、低年齢から活躍できる種目ではありませんので、こども達には、中学・高校・大学と、長く陸上競技を続けてほしいと願っています。
ですから、小学生においては結果を最重要視せず、育成年代にやっておくべきことを優先させ、じっくりと息の長い選手の育成に取り組んでいきたいと思っています。

子どもの可能性は無限大です。
その素晴らしい芽を大切に育てていくために、保護者の皆様のご協力を頂きながら、より良い環境を作り上げていきたいと思いますので、是非ご協力をお願いいたします。

代表 長澤宗太郎

ページ上部へ